くふログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************
いつもお読み頂きありがとうございます。
ランキング参加してます。ポチして頂けると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

夏だ!親子で海を楽しもう!子連れ(幼児連れ)の海水浴を満喫する7つのコツ

お出かけ

こんにちは、エンです。

夏ですね。
皆様、海には行かれましたか(*^^*)?


私は今月なんと!
15年ぶりの海水浴にも行ってきました
(しかも2回も)!

住んでいる場所が海の近くではない
(むしろ山に囲まれている)こともあり、
学生時代以来ずっとご無沙汰…。

子どもが生まれて小さい間も
海水浴なんて夏のお出かけの選択肢になかったけど

娘が3歳になった今年、
ついに家族で海水浴デビュー
しちゃいました(^o^)/


今年2回目に行った山口県の海。
私が子どもの頃、家族で毎年泳ぎに来ていた場所です。
20年ぶりでもやっぱり綺麗だった~✨


一緒に行ったメンバーは2回とも同じ。
我が家の4人と、
以前の記事⇒「チーム年子」の七夕飾り♪
にも書いた姉と甥っ子2人+私の母です。

全部で8人という結構な人数だったので、
車二台で行って来ました(^o^)/

そしたらこれが
思っていた以上に楽しくて!


特に2回目の海水浴は
1回目の経験を踏まえて
海水浴初心者ながら
ちょこちょこと工夫をして行ったので

4歳&3歳&2歳の「チーム年子」
+0歳息子


という、
手がかかるし目が離せない幼児連れでも

行きも帰りもスムーズに行動でき
子どものみならず、
大人も海を満喫することが出来ました♪


その満喫具合ときたら…

普段は超インドア派
(もちろん海水浴もほとんど行ったことない)の夫が

「これからは
毎年、海水浴に行こう!」


と言い出すくらい(#^^#)

海の綺麗さと気持ちよさに感動したらしい…(=^x^=)


そんな
子連れ(幼児連れ)で
海水浴を満喫する7つのコツ(エン家Ver.)
を、備忘録もかねてまとめてみました!


目次


 ▶海水浴場は海の家や桟敷がある所を選ぶ

 ▶大人の人数は多めに確保する

 ▶朝一番に現地入りする

 ▶浮き輪は子ども用と大人用を用意する

 ▶幼児は砂場セットでも遊び倒す

 ▶紫外線&熱中症対策はしっかりと‼‼

 ▶海水浴後は近くの温泉(家族風呂)にGO‼



海水浴場は海の家や桟敷がある所を選ぶ


せっかく海で泳ぐなら人混みを避けて、
地元の人しか知らないような穴場の海水浴場で
プライベートビーチ気分を満喫したいのも山々なんですが

そこはやっぱり幼児連れ(0歳児含む)なので
子どもがいても過ごしやすい海の家や、
桟敷が完備してある海水浴場
を事前にリサーチしました。

また、こういう大きな海水浴場は
管理棟があったり、
ライフセーバーの方がいらっしゃるので
万が一のことを考えるとさらに安心
です。


我が家の海水浴は
1回目と2回目で全く違う場所でしたが
1回目は海の家、2回目はビニールテント式の桟敷を借りました。


「チーム年子」による、海に入る前の準備運動…後ろが借りた桟敷席です。

まだ泳げない0歳息子を
大人が交代で見るのに便利だし、
泳いだ後の休憩や昼食も日陰の中でゆっくりと過ごせました。

ちなみに、浜辺には最近のレジャーの定番、
ポップアップテント↓を広げてる方も多かったです。



海の家や桟敷がなくても
短時間ならこれ一つあればちょっとした日陰除けになりますね。

我が家も実は持っていて
お出かけの時、いつでも使えるように車に常備しています(^^♪

目次にもどる


大人の人数は多めに確保する


これが意外と普段は
(お盆などの帰省中とかでないと)
人数揃わなくて難しいかもしれませんが…

我が家はラッキーなことに
みんなの休みが合ったので、
2回とも子ども4人に対し、大人4人で海水浴に臨みました。

海など特に小さい子どもから目が離せない場所に行くときは
大人の数がいた方が安心です。

さらに!

誰かに子どもを見てもらっている間に
大人は交代で
海水浴フリータイムを楽しめます(´艸`*)



ちなみに私は
浮き輪をつけて仰向けに浮かび、
ひたすら海を漂う
のが好き♡

小さい頃から海に行くと必ずやってたのを
今回15年ぶりにやってみたら…


気持ち良かった~‼

波に揺られながら青空をぼーっと眺めているだけで
穏やかで幸せな気持ちになれるんです(*^-^*)

ただ子どもを遊ばせるだけでなく、
海で大人もリフレッシュ出来る!
大人の数が揃えばこそ、協力して出来ることですね(*^^)v

今年は仕事で行けなかった私の父も、
来年は連れていって(人数確保のため… 笑)
さらに楽しもうと思いますo(^_^)o

目次にもどる


朝一番に現地入りする


我が家が行った海水浴場は、
私の実家から車で2時間半の場所。

幼児連れでドライブするには中々の遠出です。

なので、朝はなんと
早朝6時に出発しました!

子どもたちは前日の夜、
いとこ同士で遊び倒し
いつもより寝つくのが遅かったので

朝もまだ寝ているところを
一旦起こして車に乗せ、移動中に寝かせました。
(朝ご飯は事前に用意しておいたパンを移動中に食べました^_^)

これで、
「ドライブ時間が長すぎて、退屈でグズる」
という子どもあるあるを回避!

現地に着いたのは8時半
海の家も桟敷もたくさんある大きな海水浴場でしたが
着いた時に泳いでる人はほとんどおらず、
人が少ない海を満喫出来ました~♪( ´▽`)


人が少ないと小さい子も泳ぎやすい♪

私たちが早めにお昼ご飯を食べて帰る頃には
駐車場はどこも満車…
海は人で溢れかえっていました(^_^;)

しかも気温はグングン上がり、
海に入るどころか
桟敷から外に出るのが辛いほどの
炎天下になっていたので

もし出発が遅れていたら
こんなには楽しめなかっただろうな~

と思ってます。

目次にもどる


浮き輪は子ども用と大人用を用意する


海水浴に浮き輪は必須ですね。

我が家も1回目は
子ども用の浮き輪のみ持って行きましたが
結局は、現地の海の家で
大人用の浮き輪も借りることになりました。

上の方でも書きましたが
海を満喫したいのは子どもだけじゃない!


そう、大人(主に私?)は
大人用浮き輪で海に浮かぶだけで
すごーく幸せな気分になれます(#^^#)


大人3人で子どもを遊ばせて、
残った1人は
海にぽっかーんと浮かんでリフレッシュ~★

うん、
やっぱり、これで幸せになるの私だけじゃないわ。

夫も姉も母も
海から戻ってきた時は
めっちゃ良い顔してましたから~(*^^)v



さて、子ども用の浮き輪ですが

我が子達は初めての海だったので
スタンダードな丸型以外に、3coinsで買った
こういう乗るやつ↓も持って行きました。


ドーナツ型よりは安定しているので
安心感があるらしく

最初海に入った時は
「チーム年子」間でこの乗り物型の奪い合いになりました(´Д` )

波に慣れてくるとドーナツ型でも楽しく遊んでましたけどね。



8ヶ月の息子も
ちょっとだけ乗り物型で海にチャポン~

乗せた瞬間、
「ギャー!」と一声泣いてからの~

え…?
もしかして寝てますの…?


まさかの即寝により、
そのまま桟敷に回収~
お昼寝タイムに突入となりました(^_^*)

目次にもどる


幼児は砂場セットでも遊び倒す




小学生以上になると、
体力もあるのでガッツリ海の中で泳いで遊べるんでしょうが

幼児は結構すぐに海から出たがります。
えっ…さっき入ったばっかりなのにもういいの??
ってくらい早かったり…(^_^;)

まぁ、また後でちょっと泳ぐこともありますが。

そんな時に、
もちろん素手でもいいんですが
お砂場セットが一つあるとさらに楽しめます。
(これも我が家は3coinsで購入♪)

皆で山を作ったり、誰かを埋めたり、
ひたすらバケツに海の水を汲んで流したり…

「チーム年子」の、特に3歳&2歳は
途中から海そっちのけで
砂遊びにどっぷりハマってました。


これはコレで楽しそう(*^-^*)

砂も水も無限にあって
公園の砂場よりもダイナミックに遊べるので
楽しいんでしょうね(*^^*)

目次にもどる

紫外線&熱中症対策はしっかりと‼



海に着いてすぐ、お父さんに日焼け止めを塗り塗りしてもらってます。

朝一番の海水浴でも、
紫外線はガンガン当たっています。

激しい日焼けによる肌トラブルや
熱中症になるのを避けるため

娘には顔と体に日焼け止めを塗った上に
ラッシュガードを着せました。

初めは海パンのみだった
甥っ子二人も途中からはTシャツを装着!

あとは、凍らせたペットボトルのお茶を
クーラーボックスにたくさん入れて持っていき

海水浴中も、子どもたちをちょこちょこ桟敷に呼んでは
日陰でのクールダウンとお茶タイムを設けました。

おかげで海水浴後に誰一人体調を崩すことなく、
楽しく帰ってくることが出来ましたV(^_^)V

目次にもどる


海水浴後は近くの温泉(家族風呂)にGO‼


我が家の海水浴は8時半着、
9時から11時まで海で遊んで
お昼ご飯を桟敷でゆっくり食べて
12時前には撤収しました。

海水浴場に設置されている有料シャワーは
混んでるし狭いしで
幼児連れには使いづらいので
最初から利用する気はなく。

ひとまず着替えだけ終わらせて
近くの温泉に入って帰ろうと決めてました。

…が。

車に乗せて出発すると、
子どもたちは即!爆睡。

こりゃ、あと1時間半ほどは寝るだろう
と話し合って
そのまま車を走らせました。

そして子ども達が起きる頃、
海水浴場と実家の
ちょうど真ん中くらいの場所にある温泉に立ち寄りました。

そこには家族風呂もあったんですが
休日ということもあり1時間半待ちだったので
大浴場に入ることに。

夫のみ男湯に入り、
残りの大人と「チーム年子」は女湯で。
(おむつが外れると
温泉も行きやすくなりますね~*^-^*)
0歳息子はシャワーで体を洗ってスッキリ!


温泉には広~い休憩所があって、0歳児と一緒に寛げました♪

こんな風にオムツが外れた幼児がメインなら
大浴場でも行けますが

家族風呂があると、
子どもがはしゃいでも人目を気にせず
ゆっくりできて更に良いかとp(^_^)q

目次にもどる


✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
以上、
子連れ(幼児連れ)で
海水浴を楽満喫する7つのコツ(エン家ver.)

でした!


これにより、
インドア派の夫を海好きに変身させる出来た私が
次に狙うのは…

沖縄旅行です(o^^o)!


実は私…独身時代に一度だけ行った
沖縄旅行が忘れられず…
また絶対行きたいと思ってたんです。

ただ、
何度家族で行きたいと言っても
夫がまっったく乗り気にならず…


でも夫が海水浴の良さを
やっと分かってくれた


「沖縄の海は
もっともっと綺麗で気持ちいいよ~」



を釣り文句に、
数年内には「沖縄旅行」
実現させたいと思いますっ( ̄^ ̄)ゞ

その時は沖縄旅行記を書くぞ~♪

それでは、また★

関連記事
*****************************
いつもお読み頂きありがとうございます。
ランキング参加してます。ポチして頂けると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エン

Author:エン
30代共働きの2児の母です。
ただ今育休中。
日々の暮らしを
より快適に&楽しくしたい。
毎日の小さな工夫の記録です。

楽天おすすめ
検索フォーム
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。