くふログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************
いつもお読み頂きありがとうございます。
ランキング参加してます。ポチして頂けると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

ズボラな私の家計管理*「やりくり費」編*

家計管理

前回の記事を書いた後に、
愛用のiphone6を、まさかの水没
させてしまったエンです( ;∀;)

半泣きになりながら対処法を調べに調べ
対処した後、祈る気持ちで待つこと3日…

なんと昨夜奇跡的に復活(ToT)/~~~

でもいつ動かなくなるか分からないので
今までサボってたバックアップを急いで実行しました!

いつも携帯で写真を撮ってるので
とりあえずやっとこれでブログ更新出来ます(^o^)/


…と、いうわけで
今日は、前回予告した家計管理のお話~♪
興味のある方はお付き合い下さい(^^)/


では、まずはこちらをご覧ください★


My家計簿セットです(*^^)v


これは、10月末の解禁を待っている
我が家の梅酒コーナー(詳細はコチラ⇒
…の、2段目にいつも置いてます。



ちょっと時間が出来たときに
すぐに家計簿をつけることが出来るように
ダイニングテーブル前のココが定位置です★


独身時代は家計管理の
「か」の字も出来てなかったズボラな私が
結婚後、家計簿つけてみては数か月で挫折し…

でもやっぱり家庭を持つ身として、
お金の流れをきちんと把握しておきたくて
あーでもないこーでもないと試行錯誤しつつ
4年かけて、一旦落ち着いた今の家計管理スタイル。


そんな我が家の家計管理の中で、
今日は「やりくり費」についての管理法を紹介します♪

やりくり費とは

我が家で言う「やりくり費」とは、以下のことを指します。

やりくり費=家賃、光熱費、通信費など固定支出以外の月々にかかる生活費

月々の収入から、固定費&貯蓄分を差し引いた
残りの金額を「やりくり費」ということにして、管理しています。



我が家のやりくり費の項目

やりくり費の具体的項目はこちら↓

だいぶ前に購入した、無印の蛇腹ケース。使い込んでます!

■食費
■日用品費
■医療費
■交通費(ガソリン、駐車場代)
■子ども費(オムツ、保育園で使う衣類等)
■交際費(家族の誕生日&季節のイベント用)

以上、6つです。
もっと細かく分けるやり方もあるようですが
ズボラな私は6項目でギリギリ管理出来てる感じ(-_-;)

でもこれでも
好きなように使いまくって貯金どころか
毎月赤字を垂れ流していた(!)独身時代から比べると、
6項目だけでも管理出来てるのがスゴイ進歩に思えます(*ノωノ)
実際、昔の私を知る人に話すと驚愕の目で見られます…ニヤリ。



月のやりくり費管理の流れ

毎月(我が家の家計管理は毎月1日スタートです)の
やりくり費を管理する流れは以下の通りです。

1.その月の収入から、固定費を差し引く

毎月かかる固定費(家賃・光熱費・通信費・保育園代・保険etc)を
予め洗い出しておき、私と夫合算の月収入からその分を差し引きます。

 
2.残りを「貯蓄」と「やりくり費」に分け、予算を決める

本来なら「貯蓄は毎月いくら!」と
決めて先取りしておくのがいいのでしょうが

我が家の場合、
★貯蓄型保険で毎月一定金額を固定費の中から出している
★児童手当は子ども貯金として手をつけない

ということもあり、
ここでいう「貯蓄」とは
月のやりくり費と相談しつつ、無理のない程度で出来る貯蓄。
と捉えています。

とは言え、やっぱり少しでも多く貯蓄に回したい!

でもやりくり費だって、特に交際費に関しては
年間の支出スケジュール(誕生日や季節のイベントなど)
によって金額が大きく変化します。

なので、毎月の「貯蓄額」と
「やりくり費予算」を決めるときは、何度も何度も電卓を弾きます。
ちょっと頑張れば出来そうな予算ラインに落ち着かせようと
毎回ウンウン唸ってます。
でも、その作業が意外と楽しかったりする(´艸`*)


3.やりくり費の各項目の予算金額を、千円札で引き出す。

1万円札で引き出すより少しだけ手間がかかりますが
毎月1回、銀行のATMにて
このやりくり予算額を全て千円札で引き出してます。

各項目の予算は千円単位で設定しているので
こうすることで、項目ごとにお金を振り分けやすくなります。


4.予算金額を蛇腹ケースの各項目内に入れる。

上の画像の蛇腹ケースに、項目別に予算金額を入れていきます。

例えば…
医療費;5,000円 
交通費;7,000円
交際費;15,000円


という感じで千円単位でお金を振り分けます。


5.買い物時は、なるべく各項目のお金から出す。

必ずしもではないですが、
買い物に行くときは、明確な目的があれば
この蛇腹ケースを持って行くようにしています。

【使用例】
・オムツを買う時は「子ども費」から支払う
・病院に行ったら「医療費」から支払う


もらったレシートも、各項目内に保管しておくと
後で家計簿づけがスムーズです♪


ちなみに、やりくり費の中で一番金額が大きい
「食費」と「日用品」
に関しては
蛇腹ケースに項目は用意してますが、
実際にはお金を入れていません。
(その理由は後ほど…)

なので、蛇腹ケースごと持ち歩いても
我が家のミニマム家計では多くても数万円なので
私は特に気にしてませんが

もしここまで読んで、
「この方法やってみようかな」と思われた方がいたとして

まとまった金額を持ち歩くのが不安な場合は

★使う予定の項目のお金だけ持ち出す
★お財布の中に一時支出金を入れておいてそちらを使い、
後から各項目金にて清算する


という2つのどちらかの方法をとることをオススメします(*^-^*)
この場合でも、やりくり費が全て千円札だと清算しやすいです♪


6.1ヶ月終えて、残った分は次月の予備費に
(またはボーナスとして好きなものを買う♪)


と書いてますが、

実際残ることは滅多にありません(´ー`)


むしろ、最初にかなりガチの予算を組んでいることもあって
残るどころか足りないこともしばしば…(-_-;)

それでも予算があった方が
「出来るだけ予算内で収めよう」
意識しながら生活出来るので

予算を立てずにやりくりしていた時より
確実に無駄遣いが減ったと感じてます(*^^)v



「食費」&「日用品」はどうしてる?

先ほど、
「食費」と「日用品」の予算金額は
やりくり用の蛇腹ケースには入れてません
と書きましたが、


こ・こ・で!

やっと出ました!
前回の記事のこの写真↓


「食費」と「日用品」は
やりくり費の中で一番使う頻度が高く、金額も大きい。


なので、他の項目とは別に
この封筒を使ってやりくりをしています('◇')ゞ


そのやり方は~・・・

と、写真だけで引っ張ってすみませんが
ここまでが長くなってしまったので
次回の記事にて紹介させて下さいm(__)m

また携帯が壊れないうちに
頑張って書きますね(ー_ー)!!


++++++++++++
色んな方の家計管理、勉強になります!
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇



関連記事
*****************************
いつもお読み頂きありがとうございます。
ランキング参加してます。ポチして頂けると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エン

Author:エン
30代共働きの2児の母です。
ただ今育休中。
日々の暮らしを
より快適に&楽しくしたい。
毎日の小さな工夫の記録です。

楽天おすすめ
検索フォーム
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。